近江八幡    池坊生け花 と 鞠小路スタイル着付けのお教室


by 11hanakomichi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

また会えました。

昨日は 皆既月食で facebookもウォールはお月様でいっぱい♪
今日 Retweetで こんな画像を頂きました。
a0203961_18155823.jpg

月食、京都タワーとともに♪

こんばんは 

近江八幡市/池坊生け花鞠小路スタイル着付け教室十一色の花小路、川村節子 です。


さて この土日の私は 年末に向けて大掃除のひとつ 窓ガラス磨きに精を出しました。
段取りのよいのは計画とスタートダッシュで 最後には自室が時間切れになる毎年。
いいえ 今年はがんばりますとも!! という予定。

二日間、冷え込んだのではありますが お昼間には冷たく強い風も止まり
窓ガラス拭きに適したお天気。 枚数が結構ある上、ガラスって両面なのよね・・・。
休み休みする合間は 陽だまりみつけて おもてに出て軽く腕を回したり。
家の前には竹藪があるのですが ここのそばに立っていると 
風の音にものすご~い ヒーリング効果をもらいます。

竹がこすりあう音、笹の葉がゆれる音、かわいらしい鳥の声 

あー 癒されるわ~ と ふと 竹にからまる蔓に目をやると・・・

えええっ! と 驚かずにいられませんでした。

11月の七夕会の私の作品で・・・
  ⇒ その時の記事は コチラをクリックください☆

作品 右のほうに使っている花材なんですけれどもね。
a0203961_1818937.jpg


ここに 使いたい花材は ずっと ずっとずっと探し求めていました。
ツルウメモドキ という 蔓状でオレンジ色の実がつくものがあるのですが
それかなぁ と。 
しゅーーーっと伸びて くるくるっとなった 細~い蔓…。
幾日、幾夜、思い描いたかわからないぐらい ずっと思っていました。
オレンジ色でないほうがいいんだけど そして 細い細い蔓・・・

最終本番生け込みの前日でも まだ この 蔓のところに使いたいものに
出会えませんでした。 ツルウメモドキは抱えるほど用意してもらったのに
その中にも思うようなのがなく、もう一回 夕方に 花市さんへ出向き
しつこく選定させてもらってツルウメモドキをさらにまた購入…。
妥協 というわけではなかったんですが これかなぁ この中からかなぁ と思いつつ
夕方6時頃 思い立って とある花屋さんに。

そこでもまだ ツルウメモドキありますか? って たずねたり。

そしてふと お店の中で、短めではありましたが とてもおもしろい線の蔓が 小さなバケツに
入れられているのに 目が行きました。 うねうねしていて 巨峰の色の小さな実がちらっと
ついていて。
短いけど これにしようかな♪ と お店の奥さんに 「これって
切ってあるみたいなんですが 長いままのって ありませんか?」と さらにお聞きしたら
「めーーーっちゃ長いんですよ 1本 ありますわ」 って。

そのめーーーっちゃ長いのと 短いのを少し いただきつつ
奥から出してくださった 長い蔓を ちらっと見ただけで 確信しました。
めーーっちゃ長い蔓は 途中で蔓が何本も枝分かれしていました。
そのいくつかに もう これだというものを見出していました。

あああ!出会えたっ! 
お教室に戻って 包みをほどいて 泣けそうにうれしかったのが
夢にまで見た しゅーーーっとなって くるくるっとなっている蔓だったからなんです。
じつは これをご覧になった研究員先生も「これはいいねぇ」ってひとこと 
言ってくださいました♪

さてその 蔓。 
お店の奥さんも 名前がわからない と。
何人もの 研究員先生も わからない と。
候補に挙がったのが “美男蔓(びなんかづら)”ではないか、と。
しかし それをミニチュアにしたようなものなので ぜったいに違うということに。

花材は 作品に付与しないといけないので 必ず調べないといけなく
生け込み朝までに 奥さんが調べてくださいました。
そして判明した名前は『蝦蔓(エビヅル)』というものでした。

いとしいエビヅルは めずらしさと 愛らしさで 結構 作品のアクセントになって
重要な役目を果たしてくれまして 徹花の時にも大事に大事に持ち帰り
今も飾っています・・。

という思い出だったのですが  
さきほどの 竹藪でみつけた蔓の先に・・・ そうなんです。まさかのエビヅルちゃんが!!
いやぁ びっくりしました。家の前で再会なんて ありえへんわ!
きっとずっとここに居たんではなかろうか・・・、存在もアピールしないで
控えめな…!
刈り取られもしていないので元の蔓は結構な太さ。 
その竹藪は家のものではない部分なので今後、エビヅルが消失してしまうかもわからず
またその値打ちは たぶんわたしだけが思うのみで
また来年以降も蔓が伸びてくれればいいんだけど。

垂れ下がっているエビヅルを ちょっと もらいました。
a0203961_18331474.jpg

今日、磨いたキッチンの白い出窓の前に 横長の花器に這わせるように生けています。
もうほんま 愛しい。

『十一色の花小路/生け花レッスンお申込みなど 詳しくは コチラをクリックください 

↓応援クリック ポチッと押してください。ありがとうございます! 励みになります!↓にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
↓応援クリック ポチッと押してください。ありがとうございます! 励みになります!にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ
☆ 十一色の花小路サイト → コチラをクリックください!

☆ 講師のfacebook   → コチラをクリックください!
 
☆ 十一色の花小路のfacebookページ → コチラをクリックください!

♪いつも イイね!Like!ボタンをたくさん押してくださってありがとうございます!
 とっても嬉しくて励みになっています。

[PR]
by 11hanakomichi | 2011-12-11 18:33 | 花樂の間